トイレの水のトラブルと解決法

トイレは誰もが毎日使う場所であり、突然水のトラブルが発生すれば困るものでしょう。特に下水と繋がっており汚水を流すので、詰まって逆流すると不衛生です。さらにはタンクに水が入っているので水漏れも起こりやすいです。トイレの水のトラブルは、放っておくと悪臭の原因ともなるので、早めに解決した方が良いです。

■トイレの水のトラブル

トイレの水のトラブルというと、水が流れなくなる、水が漏れる、配水管が詰まることがほとんどです。場所によっても、トラブルの種類は違います。
まずは水が供給される給水管では、繋ぎ目やホースから水漏れが起こります。タンクにそのまま水が溜まっていきますが、タンクからも水漏れは起こります。そしてタンクから便器に水は移動し、最後は配水管を通じ下水に移動します。
便器からも水漏れは発生することはあり、便器自体から、さらには便器と床の繋ぎ目からの漏れもあります。
配水管は詰まることも多く、トイレのトラブルとして詰まりは発生しやすいものです。トイレットペーパーの流しすぎや、食べ物など異物を流すと詰まることもあります。

■水のトラブルの解消

トイレで発生しやすい詰まりは、通常スッポンと言われるラバーカップを使って解消をすることが可能です。ただあまりにも詰まりが酷く自分ではどうしようもないとなれば、業者に依頼した方が良いでしょう。症状によってどのような修理をするかは違ってきますが、トイレの交換をするかなど修理方法は業者の判断を仰ぐことになるでしょう。


■まとめ
トイレは毎日使う場所なので、日頃からチェックし、不具合があれば早めに修理した方が良いです。自分で修理できないとなれば、業者に連絡した方が賢明でしょう。床に漏れる、悪臭がするなど衛生的ではないので、早めに修理してトラブルを解決してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ